スリルと危険のせめぎあい

午前中はのんびり平和なカヤックツアーです。
釣り道具・サップ・お茶セットや・シュノーケル・網・強力水鉄砲など遊び道具満載でツアー開始!

天気も上々!水辺は涼しくて最高!
カヤックとサップと両方遊べるように途中の砂浜で乗り替わります。
干潮で干上がった川は自然の釣堀です。魚肉ソーセージでゴクラクハゼが釣れました。
お手製の釣り竿が気に入ったのか、竿先にベニトンボがやってきました。

東屋で定番のかもがわ弁当を食べてから、午後の部へ向かいます。

前日は増水のため内容変更した秘境の滝ツアー。
1日あれば催行可能なレベルまで水は引くだろうと踏んでいましたが、
予想以上に山に水がたまっていて、そこまで増水は落ち着いていませんでした。

今日のメンバー6名の体力を見極め、みんなの連携でツアーを組み立てます。

体力的に不安なお二人を、泳げて頼れるOさんと私でヘルプしながら進みます。
最後尾のMさんのご主人は完全に放置でした(笑)すみません・・・
Mさんにはスローバックという最後の砦(バックアップ)役を担ってもらっています。もはやガイド補佐でしたね。


ツアー催行可能なマックス水量なので、今後増えたらアウトです。
山の雲の状況や水の泡や濁り具合、音やにおい、些細な気持ちの変化まで気を配ります。

こういった状況の時、私は『増水に気付いてから1分以内に逃げれる状況』を常に確保します。
これはずっとここでツアーを行ってきた自分の中で生まれたルールです。
スリルは楽しむうえで必要な要素ですが、危険な状況に陥ってはいけません。その可能性を排除していきます。
そのうえで、ツアーとして楽しめる状況を作る。そこがガイドの役割だと認識しています。

秘境の滝にて
増水した滝は圧巻でした!

無事戻ってきてほっと一息・・・
最初はぎこちなかったゲスト同士の関係も、帰ってきたときはなんだかチームのようになっていました。
わたしも、皆さんの笑顔が何よりのやりがいとなります。
ご参加本当にありがとうございました。   ガイド田脇

スリルと危険のせめぎあい」への2件のフィードバック

  1. 森尚美 返信

    想像以上にワクワクさせていただき、楽しい時間をありがとうございました。
    秘境の滝、最高でした!
    お友達にもイチオシで勧めさせていただきます。

    • fusanori 投稿者返信

      お忙しい中コメントありがとうございます!
      夏の屋久島は沢はマストアクティビティです。
      屋久島滞在中にまた遊びましょうね!
      ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。