十年に一度の満開?

昨日は福岡から4名様お客様を迎え、黒味岳登山ツアーでした。
もともとはシーカヤックツアーの予定でしたが、前日の大雨&雷で中止となったツアーのリベンジで急遽振替です。

シャクナゲ真っ盛り、そして雨季の屋久島の貴重な晴れ間という奇跡的な状況なので、これは黒味に行かねば!
屋久島の巷では『十年に一度の満開』と言われているそうです。

森の中に咲くシャクナゲ

十年に一度はさておいて、前日の雨で潤った巨木の蘚苔林の美しさに足を止めしばし見入ります…。

清流淀川にて

ゲストの皆様はお申込時『歳の割には元気です!』と備考に書かれていた通り、登山を楽しむ気持ちが溢れています。
はっきり言いますが、ガイドにとってとても楽なお客様です。そして、お互いにとって良い関係性を作れるお客様です。

今回は森歩きのコンディションとしては最高でした。
暑すぎず汗もかかない、森の中はヒヤッと涼しく、森林限界を超えれば、風が心地いい。人もまばらで、ほぼ貸切状態。

ピークでの風は強風でしたが、風裏でのお弁当タイムものんびりできました。

いざピークへ!
奥には栗生集落が見えています。

下山時刻は17時。11時間半ほど楽しんできました。帰ってきても皆さん全然お元気です。
あとでわかったことなのですが、男性のお客様は7~8年前にテレビの太忠岳ロケでご一緒したスタッフの方でした。
偶然の再会にお互いびっくり。『その節は~』(笑)

シャクナゲの開花状況は登山口から花之江河くらいまではところどころ、満開株があって見頃です。
株によっては蕾がかなり多くついてます。サクラツツジもまだ残っています。
稜線のシャクナゲは、すでにピークを過ぎたような感じです。(例年より2週間早い開花のため?)
友人ガイドの話によると、宮之浦岳~永田岳~鹿の沢の辺りは大満開らしいです。(縦走じゃないと無理ですね。)

Sさんグループ、また今度はカヤックフィッシング&寿司会是非やりましょう!
この度はありがとうございました!   ガイド田脇


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。